向上心

自分は、現在会計事務所の職員です。また、最初に就職したのは金融機関でした。
この2つの職種で自分にとって大変プラスになっている共通点があります。

それは
経営者の方と直接お会いできて、お話ができるということです。役得だと思ってます。普通の営業マンなら、会社の社長さんに辿りつくまで相当の苦労が必要ですね。
今の自分にそんな苦労はありません。本当に感謝しなければなりません。

今日は結構忙しく、4社訪問させていただき、4名の経営者の方とお目にかかることができました。どなたも個性的で一生懸命頑張っていらっしゃる方々ばかりでしたが、特に今日はお二人が印象的でした。

お一人は、今日初めてお目にかかることができた社長様。担当交代で引き継ぎにお伺いしました。自分の「経営コンサルティング室」の名刺を見て、これからはもっと管理をしっかりして利益を追求したいという思いを話してくれました。ある一定以上の規模で会社を経営している以上、利益を追求していくことは当然という言葉に新鮮さを感じました。経営者の中には、自分さえ良ければ別に利益を出す必要はないという考えの方が数多くいらっしゃいます。もちろんオーナーであればそのような考えも当然とも思いますが、その社長様のあくなき向上心をお聞きして、心底応援したいと思いました。

そしてもうお一人。自分と結構波長の合う方で、自分が担当させていただいてから定期的にお会いできる形態にしていただいた社長様です。今日は「会計事務所としてこういう商品や提案を持っていったらどうなの?」といったアドバイスをいただいたり、また自分も社長が悩んでいる人の問題について私見を述べさせていただいたり、けっこう活発に話ができました。一番うれしかったのは、お忙しい社長様ですが、自分と話すと元気が出るとおっしゃっていただいたことです。その一言、本当にうれしかったなあ。

お二人に共通していることは、向上心とエネルギーでしょうか。本来は、自分が社長様にいろいろなものを投げかけ、そしてモチベーションを上げていただきたいと願っているのですが、今日は全く逆になりました。
今、大変厳しい情勢におかれている経営者の方がたくさんいらっしゃると思いますが、試練を自分の糧として、向上心を持ち続けることができるか、それだけの精神的エネルギーを持ち合わせているかというところは経営者の資質として重要な部分のような気がします。

これから、自分も自社のサービスや自分なりの企画・提案あるいは情熱を通して、少しでも皆様を元気づけていきたいと思います。

どんなに忙しくても「あいつには時間を作ろう」と思っていただけるようになれたらと思う今日でした。
[PR]
by papakura | 2012-04-12 00:10 | お仕事