<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ただいま増加中!

わがチームに

また一人体験の子が来てくれました。


これで2年生が10人となり

今の中1の代まであと一人に迫りました(^O^)


たくさんの仲間と一緒に

まずはバスケの楽しさを肌で感じてくれればと思います。


いろいろな指導者がいて

いろいろな考え方があります。


大所帯になりつつある中で

最近は自問自答の日々です。



バスケが上手になるように教えたい

試合に出る喜び、勝つ喜びを味あわせてあげたい。

指導者としては誰もが持っているであろう思い。

もちろん自分にもあります。


でもその前に

もっと大事なことがあるのでは?と


子どもたちの個性をつぶしてしまっていないだろうか?

バスケの楽しさを伝えることができているだろうか?

集団の中でのルールを教えることが出来ているだろうか?



いまの中1、中2の卒団生にも低学年からチームに所属している子は
たくさんいました。


当時は指導者も少なく、十分な指導ができていなかったと聞いています。

それでも彼らは十分に成長し

結果を出してきました。


そう

指導する環境だけがすべてではないのかなと最近感じております。


高学年になれば

多くの子が自然と自ら厳しい環境に身を投じていきます。

だとすれば

今自分がしなければならないことってなんだろう?


それがなかなか分からずにもどかしい。


誰かが(どこかのバスケの指導者だと思うが)言っていた言葉で



「アスリートになることを強制しない。アスリートになることを邪魔しない」


低学年を指導するための心構えのようですが

なるほどと思います。


隣のコートでは

上級生がいつも厳しい練習をしています。

いずれは自分たちも向こうに行くと

きっと低学年の子どもたちも思っているでしょう。

だとすれば

今、過度の厳しさは彼らにとって全く不要である。



そんな風に思いながらも

確信は持てないまま悶々としています。



その答えを見出すまでには時間がかかりそうです。

今はミニバスの精神

「友情、ほほえみ、フェアプレー」

これを伝えていこうと思います。


指導者も

日々勉強ですね。
[PR]
by papakura | 2012-10-29 23:30 | ミニバス

涙 その2

男が人前で簡単に涙を見せない!そう思います。それでも流れる涙にはそれなりの理由がきっとあるはずです。流した涙の数だけ人は成長すると言われますが、きっと全身全霊をかけてチャレンジした証が涙なのでしょう。
涙を流せるほど何かに打ち込んでいますか?そう問いたい人がたくさんいます。自分自身もその一人です。たった一度の人生、ほんの一瞬の青春。多くの涙を流せる時間でありたいと思います。
[PR]
by papakura | 2012-10-28 22:14 | プライベート

今週末は色んな「涙」を見ました。達成感に感極まって流す涙、敗れて流す悔し涙、感動を貰って流す涙。
一昨日の中学校の合唱コンクールで歌い切った生徒達が流した涙はまさに達成感そのもの。昨日ミニバスの大会で敗れたあと子どもたちが流した涙には悔しさがにじみ出ていました。そして私はろう学校の生徒の太鼓の演奏に涙しました。
色んな涙がありますが共通していることは全力でもの事に取り組んだ者だけが涙を流せるということではないでしょうか。
[PR]
by papakura | 2012-10-28 21:55 | プライベート

今日、石川県ミニバス大会の抽選会が白山郷体育館で行われ、来年1月に開催される選抜大会への切符をかけて行われる熱戦の組み合わせが決まりました!
どのチームもこれまで練習してきたことを存分に発揮して欲しいと思います。
昨年はここを目標に頑張ってきながら、最後に悔しい思いをしました。
特に6年生にとっては集大成の大会となります。悔いのないよう思いっきりプレーして欲しいと思います(^-^)
[PR]
by papakura | 2012-10-28 21:35 | ミニバス

高尾台バザー

a0124355_21263420.jpg

a0124355_21263417.jpg

a0124355_2126343.jpg

高尾台中学校のバザーが開催されました。
初めての中学校バザーで分からないことだらけでしたが執行部や各委員会の皆さんのおかげで何とか自分なりに協力できました(^-^)今年初めての試み、パフォーマンス披露や吹奏楽部の演奏にたくさんの人が集まってくれて良かった!
バザーにご協力下さいました全ての方々に感謝です。
[PR]
by papakura | 2012-10-28 21:26 | PTA